鍵開け業者は破壊開錠というケースも含めれば、ほぼ全ての鍵を開錠することが可能です。

鍵開けが必要な状況とは

 

悩む男性

 

鍵開けが必要な状況の定番は鍵の紛失ですが、それ以外の状況でも鍵開け業者が登場する場面はたくさんあります。
主な鍵開けが必要な状況は以下の事例があります。

 

  • 家の鍵を紛失した
  • 車の鍵を紛失した
  • 車をインロックさせた
  • 鍵が故障して開かなくなった
  • 倉庫に眠っていた金庫の鍵開けを依頼する
  • ダイアル式の鍵の施錠番号を忘れた

 

昨今は、便利セキュリティの高い電子錠や、防犯キーとも呼ばれるディンプルキーが普及していますが、鍵の技術が普及して構造が複雑になるにつれて、鍵開け関連のトラブルが増えています。
特に電子錠は電池切れ機械的なトラブルで開かなくなり、鍵開け業者を利用する事例が増えています。

 

また、鍵開けではないですが、以下の場面で鍵開け業者の出張対応を依頼するケースもあります。

  • 鍵が壊れて施錠できなくなった
  • 泥棒によって鍵を壊された
  • 防犯対策で鍵そのものを新しく取り替える
  • 補助ロックを追加で設置する

 

鍵はどんどん新しいタイプが登場しているので、鍵を紛失して業者を呼んだ際、ついでにシリンダー交換を依頼する方も多いようです。

 

鍵開け業者は鍵についてのスペシャリストなので、鍵開けでなく、新しい鍵の設置などの相談をすることもできます。業者によっては、鍵以外にも防犯カメラの設置など防犯対策用品全般を扱っている所が多いです。

 

なお、鍵開け業者の利用率が高い合鍵作成の場合は、出張料が発生する問題から出張依頼ではなく店頭に足を運んで依頼することをおすすめします。

 

鍵開け業者ができること

 

鍵開けを依頼する女性と話を聞く業者の男性

 

鍵開け業者は一般的な差し込んだり、ダイヤルを合わせるタイプの鍵を開けるスペシャリストです。しかし、電子鍵の機械的なトラブルには対応できない所も多いので注意しましょう。

 

電子鍵が故障した場合はメーカーへ修理を依頼する必要がありますが、鍵開けや修理対応するまでの対策は、スピーディーな駆けつけに対応できる鍵開け業者に依頼してください。
最新システムの鍵でもトラブル対処用に、差し込むタイプの補助鍵を用意していることが多いです。差し込むタイプの鍵で開錠できる場合は、一般的な鍵業者で鍵開けまでは対応できます。

 

また、メーカーの対応が遅く、鍵が開くまで数日かかってしまい待ってられない場合は、破壊して鍵を開ける方法があります。
鍵開け業者は破壊という選択肢も含めれば、ほぼ全ての鍵を開けることが可能です。

 

鍵開け業者は品質に差がある

 

鍵開け業者は、店舗や職人によって技量が異なります。
昔ながらのギザギザとした形状の鍵であれば、ほぼ全ての鍵開け業者が簡単に対応できますが、鍵に複数の凹みがあるディンプルキーなどピッキングされにくい鍵の場合、業者によっては開錠できない場合があります。

 

出張スタッフを呼んで開錠できない場合、出張料だけ払って帰ってもらうか、鍵を破壊してもらう選択を迫られます。他の業者へ新たに依頼する手間と時間を嫌って、大半の方は破壊を選択します。

 

防犯性能が高い鍵ほど、腕の良い鍵開け業者に依頼する重要性が高いことを覚えておきましょう。

 

状況によって鍵開けの内容と業者に求める品質が変わる

 

鍵開けを依頼する場合は以下の依頼パターンがあります。

 

  • 鍵開けだけしてもらう → 車のインロックや家の中に合鍵がある場合など
  • 防犯性能が高い鍵に交換する → 鍵を落とした場所が分からず不正利用の恐れがある、防犯性能が低い鍵を使っていた場合など
  • 鍵穴から新しい鍵を作ってもらう → 同じ鍵を使いたいけど鍵そのものがない場合など

 

鍵穴から既存の鍵に合った鍵を新規作成する場合は、業者の腕が悪いと鍵の噛み合いが悪いなど、不具合が発生してしまうことがあります。

 

不正利用の恐れがある場合や、鍵の紛失をキッカケに防犯対策を見直したい方は、最新の防犯キーや電子ロックを安く提供できる業者を選びましょう。
状況によって鍵開け業者に求める内容が変わってくるので、業者を呼ぶ際は事前に状況と考えを整理しておくことが大切です。

ハイテクロックに変えるべき?

 

ハイテクロックに変えようか鍵を見つめて悩んでいる

 

前述で紹介した通り、鍵開け業者を呼ぶ状況になった際、ついでに鍵交換をする方が多いです。
鍵交換だけを単独で依頼するよりも、出張料基本工賃セットにできる分だけお得になります。
不正利用の恐れがない場合でも、鍵開け業者を呼ぶ時はいい機会だと思って、防犯対策の見直しや利便性が高いハイテクロックの導入を検討してみてください。

 

ハイテクロックは、防犯性能が高いだけではなく、日常的な鍵の開錠・施錠が容易にできるメリットがあります。
鍵の出し入れをしない電子錠の場合は、鍵を紛失するリスクがなくなり、玄関の前でポケットや鍵を探す手間も省けます。

 

しかし、ハイテクロックによっては不具合で鍵が開かなくなってしまうことも多いので注意してください。
詳しいハイテクロックのメリット・デメリットについては、こちらの記事で紹介しています。

 

TOPへ