鍵を持たなくても、スマホアプリを使って玄関を開け閉めできるスマートロックが普及しています。

最新の鍵が使われている場所

 

セキュリティーについて語るスーツ姿の男性

 

 

昨今は防犯性能が高く利便性が高い最新のシステムロックが普及しています。

 

最も普及率が高いのは家の玄関ですが、他にもたくさんの場所で最新の鍵が使われています。
そこで、シーン別の最新鍵事情をまとめました。

 

玄関の鍵

 

玄関の鍵

 

防犯の観点から、最も最新の鍵の需要が高い場所が玄関です。
従来のギザギザした鍵から平面部分の凹みを付けたディンプルキーが主流に変わっているほか、新築建売住宅ではカードキーなどの電子錠を導入する事例も増えています。

 

また、既存のキーシリンダーからDIYなどで簡単に交換できるスマートロックも通販で安く売られており、玄関用の最新鍵は手軽なものに変化してきました。

 

マンションのエントランス

 

マンションのエントランス

 

マンションのエントランスは昔からオートロックが広く普及していますが、新築マンションでは、鍵を差し込むのではなく、持っているだけで自動ドアが反応するスマートキータイプが普及しています。

 

さらに、エントランスと同じスマートキーで反応するエレベーターも登場していて、マンションの防犯性利便性は年々高まりつつあります。

 

マンションの宅配BOXやコインロッカー

 

コインロッカー

 

マンションの宅配BOXやコインロッカーは差し込むタイプの鍵やダイヤル式が主流でしたが、タッチパネルで操作するタイプの普及率が高まっています。

 

不特定多数の人が活用する鍵では、電子ロックを使うことで鍵の紛失リスクを軽減し、長期間放置情報などを管理者が遠隔監視できるというメリットがあります。

 

車の鍵

 

車の鍵

 

車の鍵は、鍵穴を複製するだけではエンジンが始動できないイモビライザー付きが主流になります。
さらに幅広い車で鍵を持っているだけでドアの開錠エンジン始動ができるスマートキーも普及しています。

 

ただし、車の盗難技術も進化しているので、イモビライザー付きの鍵でも油断はできません。盗難被害の多い車種は、純正キーの他に警報システム補助ロックなどを追加するようにしましょう。

 

バイクの鍵

 

バイク

 

バイクの中でも、一部の最新モデルは車と同じようなスマートキーが普及しています。
バッテリー上がりが多い特性からイモビライザーの普及率が低く、代わりにシャッター付きキーシリンダーを搭載した車種が多いです。

 

オフィスビルの鍵

 

都心部のオフィス

 

多くの方が利用するオフィスビルや企業の入り口は、警備会社への通報システム付きの電子ロックが普及しています。

 

昨今は防犯対策だけではなく、従業員の出勤・退勤を鍵の施錠履歴で管理する目的から最新のシステムロックを導入する企業が増えています。

 

家の門

 

新築

 

家の門に鍵を持たなくても簡単に開錠できる電子錠を導入する家庭が増えています。

 

空き巣被害の多くは玄関ではなく窓からの侵入になるため、玄関の鍵だけ最新システムに変えても防犯対策が不十分なことを覚えておきましょう。
空き巣被害を防止するには、家の敷地内に侵入させないことが大切です。

 

なお、窓については電子ロックの普及率は低く、割れにくい窓ガラスや雨戸、手軽に買える窓用の補助ロックで対策する方が多いです。
最新の鍵については下記の記事をご確認下さい。

 

TOPへ