鍵開け業者は全ての電子錠の鍵開けはできませんが、自社販売の電子錠ならばトラブル時の対処法を熟知しています。

依頼先

 

鍵開け業者に電話で依頼する男性

 

最新システムの鍵が開かないトラブルになった時の依頼先は鍵のタイプによって変わってきます。
24時間営業のスピード対応を強みにしている鍵開け業者でも、鍵穴のない最新の電子錠は破壊以外に対応できないことがあるので注意しましょう。

 

鍵開け業者は鍵穴のある鍵のスペシャリスト

 

ガッツポーズをする鍵開け業者の男性

 

従来の鍵穴があって、差し込んで回すタイプの鍵については、鍵開け業者の大半が対応できるので、最新の電子錠でもトラブル用に開ける鍵穴があれば鍵開け業者で対応できます。
必要に応じて鍵穴に合った鍵をその場で作成することもできるので、鍵のトラブルが起こった時は最初に鍵穴の有無を確認してください。

 

最新ロックの多くは開けることまでは比較的スムーズに対応できる

 

ハイテクな家

 

最新のシステムは、電気(電源)や機械的なトラブル時に比較的簡単に開錠できる機能が付いています。
鍵を開けられないトラブルになった際はメーカーに問い合わせをするほか、メーカーの公式サイトから取り扱い説明書をダウンロードするなどして、応急処置の方法を確認しましょう。
鍵を家の中に忘れた状況であれば開けるだけで対処できますが、故障や鍵本体の紛失がある場合、応急処置で開錠しても、日常的な施錠・開錠ができなくなってしまいます。

 

こうしたケースではメーカーに修理や交換を依頼する流れになりますが、修理までの応急処置として鍵開け業者を呼び、後付けの補助ロックを付けるなどの対応も検討してみてください。

 

最初に検討する相談先は施工店

 

施工イメージ

 

最新システムの鍵のトラブルで最初に相談するべきは施工店です。

 

メーカーと同様に施工店では鍵の応急処置などを電話でアドバイスできるほか、必要に応じて出張対応メーカー保証の修理・交換の受付窓口になってくれます。
メーカーへの問合せで直接対応してもらえるケースもありますが、ほとんどのケースでメーカーの対応は数日以上待たされます。

 

施工店は、依頼者へのクレームを少しでも軽減させるために誠意ある対応をしてくれるため、些細なことでも気軽に問合せをしてみるようにしましょう。
玄関のドアを付けた業者が分からない場合は、依頼した不動産会社・ハウスメーカー・リフォーム会社に問い合わせをしてみてください。

 

24時間対応の鍵開け業者へ設置を依頼する安心感

 

パソコンの前で鍵開けについての相談を待機している女性

 

鍵開け業者の多くは最新の電子錠の新規設置に対応しています。
鍵開け業者は全ての電子錠の鍵開けをすることはできませんが、自社で販売している電子錠はトラブル時の対処法を熟知しています。

 

また、大手リフォーム会社とは違って、シリンダー交換だけで設置できる手軽なタイプも幅広く取りそろえているのが特徴です。
タイプによっては通販で安く買ってDIYで取り付ける方法もありますが、アフターサポートのことを考えるとプロに設置を依頼することをおすすめします。

 

24時間365日の出張対応に対応している鍵開け業者に取り付けを依頼すれば、深夜早朝・休日のトラブルでもスピーディーに対応してもらうことができ、機械的な不具合であれば保証無料での出張対応など手厚いサポートを受けられます。

 

 

TOPへ